So-net無料ブログ作成

26. 2nd セメスター 始まる [ニューヨーク州立大学]

1380892.jpg

4月になり、ニューヨークは日ごとに暖かくなってきました。私は新しい家からバスを2回乗り継いで大学まで通うようになりました。
でも、とても寒い日もありバス通学は結構面倒でした。バスを乗り換えるのはNanuet mallという大きなモールです。朝は営業していませんが、帰りは営業しているので週に1回はモールに寄ってウィンドウ・ショッピングをしたり、フードコートで夕食を買ったりしました。これはこれでささやかな楽しみでした。

暫くすると、私は免許を取得し遂に車を購入することができました。免許が手には入る前から、どんな車を購入すべきかリサーチを繰り返していました。車購入にはいくつかのパターンがあります。
1)とても安い古い車を個人売買する
2)とても安い古い車を業者から購入する
3)ちょっと高い中古車を個人売買する
4)ちょっと高い中古車を業者から購入する
5)新車を業者から購入する

1→5に従い、安全性は高まります。そして価格は高くなります。おおくの学生は1か2を選択します。しかし、車は故障すると、とても面倒で場合によってはアメリカの場合死に直結します。
私は、両親と相談し、4を選択しました。結局日本車の新古車をディーラーから購入するというかなり高い買い物となりました。私が選んだのはHondaのPrelude。走行距離は3000マイル。価格は200万円くらいだったと思います。親からもらったアメックスで購入し、車は翌日ディーラーに取りに行きました。

この選択は、今となっては留学生活での「正しい選択」のひとつです。結局5年乗り続け、走行距離は10000マイルを超えましたが、故障も事故もなく、安全に生活できました。そして、なんとこの車は60万円で売れたのです。アメリカ留学の相棒としてプレリュードは十分すぎるほど私を助け、生活を充実させ、行動範囲を広げることが出来ました。

車を手に入れてからの生活は一変しました。毎朝車で学校に通うようになると通学時間は片道20分です。バスでは1時間30分かかっていましたし、バスに乗り遅れることを考慮して学校には早めに到着していたので、朝起きる時間が大幅に遅くなりました。

帰りは、車でいろいろなところに行きました。今まで知らなかったモール、時にはニュージャージーにオープンしたYaohanまでもいくことができました。行動範囲が一気に広がることで、自分が住んでいる街の構造や、住んでいる場所半径100Kmくらいが自分のテリトリーとなりました。

学校は、語学学校1クラス、Sociology 101、Accounting 101、Marketing 101、Management 101を受講しました。まずAccountingは、はじめの3回でついて行けなくなりました。あまりに難しすぎるのです。そこで早めにドロップし、テレコースという自主勉強に切り替えました。このテレコースについては別の機会にお話しします。マーケティングは、クラスに不良君達が在籍し、クラスに出席するといつも下らないことを私に言ってきました。これが結構苦痛でした。嫌がらせとかいじめではないのですが、毎回余計な話をしてくるのです。これには参りました。彼らは友達だと思っているようですが、私は授業に着いていくのが大変なのです。結局このクラスもミッドターム直前に脱落してしまいます。マネージメントは、先生の話していることがさっぱりわかりませんでした。毎回、当日のNew York Timesのトップ記事を例に30分間ディスカッションするのですが、こればかりは予習が出来ずとても困りました。結局このままだと好成績が期待できずドロップ。このセメスターは結局2クラスしか受講できないというとてもまずい状況に追い込まれてしまいました。

でも、車を手に入れたことでなんだかアメリカ生活が楽しくなっていました。そして、日本人と一緒に生活していたので毎日日本語を話し、ストレスもありません。箱山は仕事帰りに日本レストランから日本食のお土産を持ってきます。まるで日本にいるようでアメリカ生活が送れるのです。こんな楽しい日々はありません。

ある夜、私は冷静に考えました。これでいいのだろうか。これで良いはずはありません。まずは、予定通り大学を卒業すること、日本人とはあまり付き合わないこと、日本文化に接触しないこと、など自分を律し態勢をを立て直すべきだと強く言い聞かせました。もし、この楽しい生活を受け入れてしまうとおおくの日本人留学生のように米国に来ただけになってしまうのです。私には大学を卒業し、希望の仕事をするという目的があります。

そこで、このセメスターは自分なりに計画を立て直しました。まず、2つの授業はきちんと受講しAを取る。そして語学学校は卒業し正規の学生になる。Accountingは、テレコースで単位を取る。空いている時間は、車で知らない場所を回り、アメリカ生活に慣れる。これ以上日本人と交流はしない。早めに共同生活を解消する。なるべく映画を見る.....

さて、だんだん暖かくなり街には花が咲き、夏休みに向かって開放感が満ちあふれる20代の若者は、誘惑に打ち勝ち、留学性生活を軌道に乗せることができるのでしょうか。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。